探偵

妻の浮気を調べる方法・不倫調査探偵相談おすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、興信所で調べてもらおうと考えているなら、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。しかし安さの根拠も定かでない会社は注意が必要でしょう。

 

 

 

やはり安かろう悪かろうという場合もあるので、契約する前に、その会社の信頼性ぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。公務員の夫は29歳。私も29歳。
7歳の男の子と5歳の娘がいます。

 

 

夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、両方の家族同士で話し合った末、離婚が本決まりになりました。

 

幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が育てるわけです。

 

 

 

簡単なことではないでしょう。

 

 

感情的にはもやもやが残りますが、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、公正証書という形で残しました。

 

探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は探偵社次第で結構な違いがあるようです。

 

話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、あらかじめ複数の業者で調査費用の見積りを出してもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報をデータとして用意するか、メモなどで整理しておくと、余計なことに調査時間を費やさずに済み、調査費用として払うお金も少なくて済みます。

 

興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、無料で相談員と話ができるケースが結構あります。右も左も分からないまま依頼してしまう前に積極的に受けておいて損はないでしょう。

 

 

 

よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める上で重要な情報が得られるからです。ベテランのスタッフと話をすることで、頭の中でもやもやしていた問題を洗いなおすきっかけにもなります。
探偵の調査能力というのは、会社の大きさによる違いも無視できません。
広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、新しい機材の検証や、それによる調査方法の見直しなどに取り組んでいて、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。著名な探偵社は調査に従事する職員の育成に時間と費用を充分にかけていて、そうしたところが調査報告書にフィードバックされてくるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。

 

 

ただ、この調査の時点では敢えて難しく考えることもないと思います。もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、その証拠を握っておいたほうが不利にはならないですからね。
もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、興信所に頼んでみることを推奨します。

 

 

 

以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。

 

 

3社ほど問合せして、こちらの気持ちをよく理解してくれたところに依頼しました。調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、決定的な証拠を目の前にすると、さすがに落ち込みました。

 

 

 

W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、子供や孫を望まれたからとか、妻が妊娠したというのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。

 

そこから相手に後ろめたさを感じるようになったり、浮気相手との不毛な駆け引きにうんざりする気持ちが出てきたりします。
それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、やましい気持ちもあってか、別れようという気持ちになりやすいといわれています。

 

 

探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、相談という形で問い合わせてみるのも良いでしょう。会社概要等は、ウェブサイト以外にも広告や看板等で貼りだされていることが多いです。相談してみると、ケースごとの仮見積もりを出してもらえます。無料で見積ってくれるところもありますし、価格と調査内容を照らしあわせて検討してみることも大切です。
浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも簡単に個人情報を開示するのはイヤと思うのはよくあることです。
最初の見積りのときは個人が特定できる情報はなくても対応してくれる業者も多いですし、まず聞いてみることが大事です。その後、調査を依頼するには契約書を交わすことになりますから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは不可避です。たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様から、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくること事体、ありえないことではありません。ひとくちに慰謝料といっても、先方が離婚するかどうかで当然ながら差があります。

 

その時点で離婚していないのに非常に多くの慰謝料の請求があったら、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうほうが良いでしょう。個人を特定できる情報を伝えなければ、興信所に不倫の調査を頼むことはできないので、信頼性の高い会社でなければなりません。オトクを重視して調査員がアルバイトなんてところに当たったら、調査能力やプロとしてのリテラシーの低さのあまり、お金を溝に捨てるような事態となる危険性も考えなければいけません。

 

そんな状態を避けるために、依頼前に情報収集を行い、評価の良いところから選ぶのがコツです。パートナーが不倫していることに気づいたら、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。ただ、当人たちだけで話し合うと、意地の張り合いになり、しばしば泥沼化してしまいます。うまくいかないときは訴訟になるでしょうし、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、問題のスムーズな進展を目指していくと負担も軽くなるというものです。
浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。

 

 

 

実際、浮気は男ばかりじゃないはずです。町内会や仕事先。子供や自分の習い事。
人妻だって人と会う機会は多く、既婚者同士の方が悩みを分かりあえるということもあるようで、人妻だからといって浮気しないわけではないのです。

 

最近は、妻の不倫というのが増えているのか、配偶者の不倫で探偵社に相談する男性が多くなっているようです。

 

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、顧客に売却する探偵の行動が違法なのではと不安に思う人も少なくありません。

 

 

 

探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。

 

 

この法律が発効されたのは平成19年です。

 

それ以前は個人や法人の探偵業者だけ規制する特別な法律がなかったので、不当な行為を働く業者による問題を防止するべく策定されたのです。武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、不貞行為の調査などで成果をあげるには、しっかりとしたスキルが必要です。

 

そういった教育に配慮がないところでは、実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもないわけではなく、格安というところは注意したほうが良いでしょう。せっかくお金を払うのですから、相応の技術力を備えたプロに仕事してもらうことが結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、きちんとした不倫の裏付けをとって、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが最も効果的です。
浮気相手は遊びのつもりであまり深く考えていないという実態もあります。

 

 

配偶者として正当な慰謝料を請求することで、彼らがやったことの反省を促すことができるでしょう。持ち歩いていて何かと便利なスマホ。しかしそれが元で配偶者に浮気がバレてしまったというケースが増加しています。

 

高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、ラインのトークやメールなどに不倫の履歴が隠れている可能性は高いです。

 

 

 

肌身離さず、ロックまでかけている場合は、十中八九、浮気の証拠がそこにあると思っていいでしょう。色々見ていくと、浮気相手と別れた理由で最も多く、説得力があるのが、「ばれてしまったから」です。

 

 

 

だから証拠さえ見つければOKかというと、自分でやるのは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。探偵や興信所などノウハウのあるところに怪しい点を探ってもらうのが効果も高いうえ確実です。
しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、自分でやらなければいけません。

 

浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、ウツの症状を持っている場合が多いです。

 

 

共通する点といえば、精神的な緊張や負荷でしょう。

 

交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などを心の中に抱えることが多くなり、精神面や体の不調として出てきます。

 

 

 

浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだって不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。
同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。しかも、事実が判明したところで、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎり解雇は無理でしょう。

 

ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるという線から考えれば、懲戒対象とも思われます。
まあ現実では訓戒程度で、それ以上の処分にはならずに終わることが多いようです。
探偵社への依頼の仕方は、まず、電話で相談します。

 

心配なら非表示でかけるのもOKです。電話口での相談で相手の応対を見て、詳細を打合せたいというときは、最寄りの営業所まで行きます。打ち合わせが済んで、任せても良いと判断したところで契約し、調査が始まります。ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、二人一緒にラブホテルなどに出入りする場面でしょう。

 

自力で写真を撮れないことはないでしょうが、証拠としては使えないレベルであるケースが非常に多いです。

 

 

 

裁判所で証拠採用されるようなクオリティで得たいなら、その道のプロである探偵に依頼するほうが確実だと思います。

 

探偵業といえど競争があるのは事実で、格安価格を売り物にしたり、均一価格でOKという会社もよく見かけるようになりました。

 

 

とはいえ、オプションがついたりすることもないわけではないので、もしそこに依頼するなら、価格や内容をよく確認し、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう気をつけましょう。

 

 

 

不倫というのは一生続けられるものではありません。
浮気が露見した結果、離婚されたり、慰謝料や養育費の支払いで再婚もままならないことだってあります。そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚することだってあります。落ち着く先は色々ですが、心の底から安心して幸せになるという到達点は、ありません。
名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。

 

ちょっとウェブで調べてみると、探偵社の評価や得意分野等を見ることができます。

 

居住地の近辺で評価の高い業者を見つけ、そこで話を聞いてもらえれば、あとは業者に任せるだけで済み、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。調査業者を選定するときに気になってくるのが、総コストではないでしょうか。

 

 

一応の目安を掲げている会社もあるものの、時間や手法によって変わってきます。不倫や親子関連の行動調査などでしたら、1時間の調査として、平均的にはだいたい2万円ぐらいです。
相場には幅がありますから、業者に相談して見積りをとるのが一番でしょう。

 

2社以上に聞くと色々わかって良いですよ。ほんの火遊びのつもりでも、その配偶者からしたら浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。そんな身勝手な行動を黙認することはありません。

 

不倫行為の裏付けをとる手段は色々ありますが、やはりケータイチェックでしょう。用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、それは大きな間違いです。この二つには大きな違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。
便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、探偵の業務を取り扱う会社の場合は、探偵業法に定められている通り公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。こうした手続きを踏んで、依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。

 

浮気調査というものは、相手と近い関係であるほど調査していることに気づかれやすい上、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も想定しておかなければいけません。

 

探偵業者でしたら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に素行調査や裏付けがとれるでしょう。

 

 

裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。
通常の金銭感覚からすれば、探偵を使って浮気調査をする際の費用は高いように思う人が多いようです。

 

とはいえ、価格重視で選んでも浮気してるかどうか「わからなかったです」では、時間とお金の無駄遣いですよね。大事なのは調査の能力の高さですが、高額な代金を請求するところが必ずしも調査能力が高いわけではないのが難しいところです。探偵業者を選ぶなら、その会社の評価や口コミ情報を調べることは欠かせません。悪質なところだと、高額な追加料金が上乗せされたり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。利用者評価の高い探偵業者であれば、割高な請求の心配もないでしょうし、何より、良い仕事をしてくれると思います。
どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのがやはり一般的ですね。

 

 

良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、何社かを比較してみることがコツです。

 

とくに、相場ぐらいは理解しておきたいですね。

 

不当な高値請求の業者に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。

 

意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、でなければ不倫行為から20年以内だそうです。

 

 

 

ただ、時効間際といっても諦めないでください。

 

慰謝料請求訴訟を起こせば、時効はなくなります。

 

期限まで間がないときは、自ら裁判を起こすことを検討してみるべきです。

 

人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、彼の妻が元カレと不倫していて、裁判でその男を訴えたいのだそうです。

 

結構マジメな話です。

 

気持ちは分かりますが裁判となるとお金がかかるものですよね。

 

 

 

あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、慰謝料を求めたうえで、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかと言っておきました。